Pocket

下町ロケット 第2話 感想、ネタバレ(ドラマ)!熱いぞ阿部寛!

ドラマ下町ロケット第2話が放送されましたね。

現在ドラマは、特許侵害で会社乗っ取り屋の

ナカシマ工業との裁判中で佃製作所は極貧状態で倒産の危機に

あるわけです。

勿論ナカシマ工業は、そんな佃製作所の事情を百も承知です。

そして裁判さえ長引ければと言う作戦に出ます。

裁判中にお金が無くなって倒産してしまえな訳です。

[ad#ad-1]

そんな中夢のような話が舞い込んできます

すべて自社製品で国産ロケットを自分の会社のブランドで

作るということが目標の帝国重工ですが、水素エンジンの部分だけが

佃製作所に特許を先に越されたため、特許を売って欲しいという

話が出ます。

ちなみに帝国重工の代表は吉川晃司さん演じる財前です。

その額が20億!!!なのです!!

ここで普通の社長なら喜んで売ると思います。

だって、この水素エンジンは佃製作所にとっては

宝の持ち腐れですからね。

ようは使い道がないわけです。

この話に社員は湧きかえります

裁判も戦い抜けると・・・

しかし、帝国重工は、その事情も分かっていて20億と

言ってきたわけです。

[ad#ad-2]

だけど社内のエンジニア(佃航平(阿部寛)も含む)は

反対するわけです。

お金とかじゃなく、あれはもう子供のようなものだと・・

せめて特許使用にしてくれと帝国重工に打診するわけです

しかし、帝国重工はがんとして売れ!!の一点張りです。

帝国重工からすれば、裁判でお金いるんだろ!

早く売れよ!!ってわけなのです

しかし、予想もしないことが起きます

裁判で証人として、佃航平(阿部寛)が証人尋問するという

ことになってしまいます。

佃航平(阿部寛)は生粋のエンジニアですから裁判なんて・・

ピンチ!!となるわけです

そしてやはり法廷でも裁判らしからぬ技術者として

熱い思いを語ってしまう佃航平(阿部寛)・・・

だめだ、こりゃ!!って感じになるのですが、もう

この佃航平(阿部寛)の熱弁は感動的です

しかし、まさかの展開でこの佃航平(阿部寛)の熱弁が

裁判長の心を動かしてしまうわけです。

そして見事に勝訴を勝ち取ってしまいます!

(ちょっとリアリティにはかけるけど)

和解金も56億入ることになってしまうのです。

そうなると困ってしまうのが帝国重工です。

もう佃製作所のほうが優位にたってしまうわけですから・・

しかし、エンジニアを除く社員は

会社にお金が入る=自分たちの待遇もよくなる

と思うから社内でもめます

そして第3話は、今度は帝国重工が牙をむくという内容になります。

下町ロケットは視聴率がいいですね

弱者が!!!強者に!!という庶民的感情もあると思いますが

やはり阿部寛さんの演技でしょう。

裁判での熱弁は目を真っ赤にして熱弁!

もうこれがすべてですね。

さすが阿部寛さんです

かなり吸い込まれそうになるストーリー展開です。

第3話からも是非みたいと思える内容ですね。