Pocket

結婚式の前日に 第4話 ネタバレ感想!香里奈さん倒れる!

 

ひとみ(香里奈)は、健介(遠藤憲一)が園田家まで押しかけたことを悠一(鈴木亮平)の母・響子(江波杏子)に詫びます。

うーん、このドラマで思うのは、ひとみ(香里奈)はそこまで卑屈に

ならなくてもと感じます。

[ad#ad-1]

フィアンセ園田悠一(鈴木)は優しいのですが、この母・響子は園田クリニック

のことばかりです

これは、冷酷とも言えますが、ドラマの中では結構説得力の

ある意見を言っていますね。

ひとみ(香里奈)の母加奈子と響子が口論するシーンが

あるのですが、響子の言う

将来、伴侶を失った夫はどうなるのか?

自分も医師の妻だから、そういうことの悲惨さを

何度も見てきている!

これも一つの意見としてあるかもしれませんね

[ad#ad-2]

これでひとみ(香里奈)は結婚式を延期しちゃうのですが

母可奈子の子供を思う気持ちに突き動かされ

予定通りに結婚することを決意します

周りになんと言われようともと!

このきっかけが

ひとみ(香里奈)の仕事であるマンションのモデルルームの

着工式が始り、建設反対を訴える老人を静止しようとして

ふり払われて、頭を強打して救急車で運ばれるのですが

ここで必死な母可奈子の姿を見るからです。

このドラマは大前提がひとみ(香里奈)が脳腫瘍になる

しかし脳腫瘍になる

そして結婚はいかに?

なんだけど、視聴率がいまいちなんですよね。

個人的には好きだけど、設定に共感できない人も

いるということでしょう。

脳腫瘍になられた方の悲惨さは、もっと辛いものかもしれません。

今回は、ひとみ(香里奈)にはフィアンセ園田悠一(鈴木)

がいて、優しくしてもらえるけど、孤独と絶望の末に

脳腫瘍で亡くなる方やそれを見てきた人にとっては

リアリティがないってことになるかもしれません。

病気、悲劇ものにはつきものですが、人間が病気で

最後を迎える時の辛さは、さすがにドラマで再現は

難しいでしょうね。

まあでもドラマですから、そういう感情は抜きで見たいですね!