Pocket

小泉孝太郎悪役で!下町ロケット6話ガウディ編!ネタバレ感想記事

 

下町ロケットスターダスト計画も成功して5話で第一部完です

そして舞台は新たなステージに行きます

第6話では、もともと豪華キャストでしたがなんと小泉孝太郎が

出ます。

小泉孝太郎vs佃航平(阿部寛)という構図です

実際は吉川晃司演じる財前も最初は悪役でしたが

最後は良かったですよね

さらには、今回は、医療開発ということで医学者として

佃製作所側の味方役で今田耕治さんが出演します

 

今回の小泉孝太郎はどうなるのでしょうか?

第6話では完全に新たな物語に入ります

原作の小説下町ロケットも別れているのです

今回はその第2部作と言うわけです

第1部では歓喜のロケット打ち上げ成功で終わりました

第2部ではその3年後の話です

佃製作所は、第1部のロケット打ち上げ成功ともありその実績で大幅に業績を

伸ばしてきました。

そんな佃製作所に、精密機器メーカーの最大手である日本クラインから新規取引の依頼が舞い込みます。

しかし、これは手放しで喜べる話ではないのです

それは、動作保証90日の小さなバタフライバルブの試作を開発するというものなのです

かなりの精密機械で佃製作所の技術をもってしても難しい物です

高度な技術を必要とされるにも関わらず、予算は少ないというやっかいな

代物です

[ad#ad-2]

また、なんの部品かは不明にされているという無茶な注文です

そういう訳で気乗りのしなかった佃(阿部寛)だが、

大手企業との取引を掴むチャンスだと思い、依頼を引き受けることにします

そんなある日、帝国重工の関連企業懇親会が開かれます

そして久しぶりに財前(吉川晃司)と再会を果たします

するとそこに、帝国重工宇宙航空部の資材調達担当部長・石坂が、]

サヤマ製作所社長の椎名(小泉孝太郎)を伴って現れ、ある話を佃に告げます

そして、この話には、裏がありました。

この無茶な設計はと思った佃製作所は別視点から設計図を

書いてみます。

しかし、クライアントの設計図の通りに、バタフライバルブ

を納期内に作ります。

ちなみにこのバタフライバルブは、心臓内に組み込まれる

部品だったのです

しかし、納品の時に日本クラインから設計変更になったことを

告げられます

そして、その図面とは・・・

なぜか佃製作所が視点から描いた設計図のそのものでした

なぜこの図面が社外に・・と思いつつも

佃航平(阿部寛)は激怒して日本クライアントを後にします

付き合いはここまでだと・・

この技術漏えいは、実は、佃製作所の内部で起ったものでした

この技術を社外に持ち出して、サヤマ製作所社長の椎名(小泉孝太郎)

に売り込んだ技術者がいます

その技術者は、サヤマ製作所に引き抜かれるという事態に

までなります

そして、また同じ研究の依頼が来ます

第一部では佃製作所を裏切った真野です

真野はあれから転職して、今は、このバタフライバルブに関する

研究をしています

そして、佃航平(阿部寛)とは、今では和解して付き合いが

あります

真野はこの、バタフライ技術を桜田製作所と一村(今田耕治)

と研究しています

この一村もまたバタフライバルブで多くの人を助けたいと

思っているのです

そして桜田製作所社長も17歳で心臓疾患で亡くなった

娘の為に採算度外視でこの研究に没頭しているのです

この技術は、はじめは佃航平(阿部寛)は、採算

が取れないということで一度は断るのですが

真野の熱い思いで一村と桜田製作所の

待つ福井に視察にいきます

そして、そこで真野と桜田製作所社長の娘の話

さらに桜田製作所社長が死んだ娘への罪ほろぼし

の為に研究していることを見せつけられ

この研究を引き受けることになります

ガウディ編では、この真野と一村教授そして桜田製作所

と佃航平(阿部寛)vs、サヤマ製作所という構図に

なっています

サヤマ製作所の医師の研究者はお金のためだけに

この技術を開発しようとしています

そんな医師と一村との対決でもあります