Pocket

コウノドリ感想 第8話のネタバレやあらすじ情報!星野源が・・・

 

コウノドリ第7話は、産科医と助産師との

関係について考えさせられる

内容でしたね

いずれにしても生まれてくる赤ちゃんには

変わりないのです

赤ちゃんもお母さんも無事に・・が大切ですね

星野源さん演じる四宮は冷静で冷徹な感じがしますが

これには訳があります

[ad#ad-1]

第8話ではそんな四宮の患者に・・という内容に触れています

鴻鳥サクラ(綾野剛)が診察する妊婦・川村実咲(中村ゆり)は、

順調に37週を迎えていますが

お腹の赤ちゃんが動くたびに苦しいと言います

サクラにも忘れられないお産とういものがあります

実は、実咲こそがその本人です

2年前サクラはこの患者の時に死産になってしまっています

実咲は今度の妊娠は嬉しい・・・しかし

前の死産を克服できずに最初の赤ちゃんのことを乗り越えられない

言いだします

これは、サクラにとっても辛いことです

一方、妊婦・土屋マキ(谷村美月)は、初めての妊娠で幸せいっぱいですが

四宮春樹(星野源)の診察でお腹の赤ちゃんが口唇口蓋裂であることを告げられます

四宮は手術をすれば治る疾患だと淡々と説明します

いつもの冷静な四宮です

そして説得してマキを帰すが、マキはあまりのショックに受け入れられずにいます

[ad#ad-2]

夫の昌和(森岡龍)に付き添われて再院したマキに、

担当を引き継いだサクラが丁寧に説明しますが

マキはやはり現実を受け入れられないのです

そんな夫婦に新生児科の白川領(坂口健太郎)は

「大袈裟に騒ぎすぎでは?」と言い放ちます

白川の発言に四宮をはじめサクラと下屋加江(松岡茉優)も白川を怒ります

今橋貴之(大森南朋)は黙って白川にある1通の手紙を渡します

実咲は、2年前の悲しみを乗り越えて無事に出産を迎えられるのか ということと

マキが最後に下した決断とは?

諦めずに赤ちゃんを産むと言うことです

手紙の同じ赤ちゃんをもつ母親に励まされたのです

そして四宮が5年前に母体をしなせてしましい

さらに赤ちゃんは意識がない中、5歳まで成長して

ずっと病院で寝たきりの状態の子供が肺炎にかかってしまします

命の危険に・・

この事件から四宮は、人格も変わってしまったのです

四宮はこれ以降絶対に母体を死なせないそして妊婦には

赤ちゃんの為に厳しくそういう姿勢で臨んでいるのです

四宮は意識のないこの子供為に毎晩絵本を読んであげる

本当は優しい先生なのです

色んな事情が人それぞれありますが

出産という生命の誕生に感動を与えてくれるドラマ

「コウノドリ」です

[ad#ad-3]

<