わたしを離さないでネタバレ原作結末!子役キャストは?毎話感想

ドラマわたしを離さないでが綾瀬はるかさん

三浦春馬さん、水川あさみさんなどの

キャストでドラマ化されますね

追記 最終回ネタバレアップしました

わたしを離さないで ネタバレ感想 最終回(視聴後)再放送は?

キャストなどの関連記事は下記リンクに書いております<(_ _)>

(青文字をクリックすると記事に飛びます)

わたしを離さないで ロケ地(栃木、滋賀)やキャスト情報

わたしを離さないで3話2話1話ネタバレあらすじ感想!再放送は

わたしを離さないで原作結末ネタバレ!子役キャストは?毎話感想

じつはこのドラマとんでもない結末

というか事実が隠されている

展開になると思います

原作やキャスト、あらすじなどについては

下記の関連記事に書いています

 

私を離さないでは全話U-NEXT再放送見逃し配信動画視聴で見れます

U-NEXTは現在1か月の無料お試しキャンペーンです

私をはU離さないで-NEXTが一番経済的に見ることが出来ます

さらには、各局の放送中の最新ドラマが見れます

2016年6月からはNHKオンディマンドも始まり

最新BHK,NHKBSのドラマ、番組も見れます

万が一自分のライフスタイルに

会わなければ退会しても費用は掛かりません

見れるディバイスが方法なのでスマホやゲーム機

テレビと沢山のディバイスで屋内、屋外

問わずに楽しめます

U-NEXT

(緑文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

31日間無料トライアル!
U-NEXT

とと姉ちゃん、真田丸、コントレール〜罪と恋〜、奇跡の人

鼠、江戸走る2その他ほとんどのNHK、NHKBS見れます

U-Nextは、2016年春のドラマだと

重版出来

ゆとりですがなに

99.9刑事専門弁護士か

私結婚できないんじゃなくてしないんです

僕のヤバイ妻

ドクターカー

その「おこだわり」、私にもくれよ!!

ナイトヒーローNAOTO

毒島ゆり子のせきらら日記

グッドパートナー無敵の弁護士

警視庁捜査一課9係 11

お迎えデス。

警視庁捜査一課長

火の粉

などが放送されてます

映画ではスターウォーズsw フォースの覚醒

も見れます

 

 

ちなみに放送は2016年1月15日の

放送スタートで毎週金曜日の

夜の10:00~10:54分でTBS系列で放送です

そして、このわたしを離さないでは

イギリス映画として放映されているのは

ご存知でしょうか?

なかなかレンタル屋さんでも目にすることが

少ないのでDMMなんかでレンタルしてみても

いいかもしれません

再放送、無料視聴動画

hulu

このドラマわたしを離さないでは

TBS制作のドラマなので

再放送などの動画視聴サービスhuluで

見れます

入会して2週間は無料視聴

できるというお得なサービスです

気にいれば継続して月額会員に

なってもいいというサービスで個人的に

お勧めです(^_^)

hulu(緑文字をクリックすると公式リンクに飛びます)

今なら2週間無料トライアル実施中

 

 

U-NEXT

ちなみに再放送を見るのはU-NEXTで無料で見ることが出来て

お得です

30日間の無料視聴があるため1か月無料です

勿論、その後は有料に移るかは選ぶことが出来ます

U-NEXT(緑文字をクリックすると公式リンクに飛びます)

U-NEXT(無料お試し30日間あり)

(青文字をクリックするとDMM公式ページにに飛びます)

DMMレンタルはこちらです

 

そして、映画わたしを離さないでのネタバレ結末です

ドラマわたしを離さないでを楽しみにしている人は

読まないでくださいね<m(__)m>)

「わたしを離さないで」の結末をネタバレしていきます。

この映画わたしを離さないでの舞台はイギリスです

キャシー、トミー、ルースの3人が主人公です

つまり今回の日本版では

三浦春馬さん、綾瀬はるかさん、水川あさみさんが

その役を演じることになります

この映画のポイントは子供たちに与えられた使命

が重要なのです!

そして、一見おだやかな施設に思えるのですが

この施設は飛んでもない所です

この施設の目的は臓器を提供するために

子供を育てるということが目的なのです!

外部から臓器提供の意思が示されると

子供たちから合う臓器を見つけて提供するのです

そして実はここの子供たちはクローン人間なのです

つまりクローンと言うことは、誰かが元にいるということですね

だからここで育った人間は、戸籍も無ければ

生きていることも知らされていない存在で

社会に出てということが

難しいのです

そして、小さい頃はそんなことも知らずに

育つのですがある年齢になると

その臓器の提供と言う現実を告げられるわけです。

つまり校長先生が言う使命とは

「あなたたちは生まれてきたのは臓器のため」

ということなのです

しかし、子供はそんな事実はよそに

生きる希望を捨てたりしません

逆により一層きずなが深まる結果になるのです

しかし臓器提供の申し出があれば

子供たちは臓器を提供するという現実から逃げられずに

いずれ死んでしまうといいます。

4回も臓器を提供すれば死に至る

ういうことなのです

 

ちなみにトミーとルースはすでに2度の臓器提供をして

3度目の手術でトミーは命を落とすことになります

トミーは、三浦春馬さんの役ですね

そしてついに、キャシーに臓器提供の依頼がやってきます。

ノーフォークの地に立つキャシー・・・・

この場所は特別な場所で

ルースやトミーのこと

これまでの施設での生活や自身の運命を考えながら映画は

結末を迎えます

だからドラマわたしを離さないでは本当は重くて重くて

非常に辛いドラマなのです!

話題になることは間違いないと思います

しかし、本のネタバレとなると

映画とは少し違和感があります

映画ではかなり序盤にこの臓器ビジネスと言う

ことを言ってますが

カズオイシグロ氏の原作では

そのあたりが若干違うかなって印象です

大筋のあらすじは似てます

この学園は言ってみれば表向きは

エリート養成学校なのですが

当然あなたたちの運命は

「臓器を提供する」

そんなことになると退学する

人は後を絶ちません

非常に表現しにくいのですが

なんかもっと日本的な感情が

入っています

舞台はイギリスですよね

でも長寿大国になって、長生き

すれば、人間はよくなもので

もっと、もっと長生きしたい

そんな感情が生まれてくるのですよね

これって、カズオイシグロ氏が

あえて問題定義しているような

感じです

映画ではあっさりしているだけど

小説はもっと刹那的に書いてある

イメージがあります

くどいようですが映画も小説も

同じ展開ですが、原作読んで

映画見た人の多くはそう感じています

臓器を売る

その衝撃の事実のみを映画は

ピックアップしているけど

原作はそれでも生きる!

希望もあり人間は生きるものだ

そういう感じなんですよね

イギリスで原作だから洋画ちっくな

ってイメージしがちですが

そうではないんですよね

そういことを踏まえてあえてネタバレ書きますね

キャッシーを語り手として始まります

舞台はヘールシャムという学校です

そしてその卒業生、在学生はじつはクローン人間であります

成臓器提供者となることを運命付けられているのです

そのためだけに生まれてきたクローン人間なのです

しかし、この学園はいわゆる臓器の提供が

目的なんですが

マダム・クロードやエミリ先生の

教育は素晴らしいのです

人間らしい教育と環境を持っています

もともとこの考えでヘールシャムは設立されて

いるのです

そこが複雑なところです

死ぬ運命にありながら教育は素晴らしい

矛盾していそうな展開です

キャシーの親しい仲間にルースとトニーがいます

ルースは結構強気な女の子でリーダーシップの

ある女の子に描かれています

トミーは癇病の強いこですが

しかし、じつは素直よい男の子に

描かれています

卒業生はまずは介護人として「提供者」の世話をします

介護人を経ていよいよ「提供者」となるわけなのです

「提供者」すなわちキャシーやトミーは「臓器提供」を行い

「定められた使命」を果たすそういうことです

ちなみにキャシーは11年以上介護人をやっている

この学園では古株です

この間にルースとトミーを見送ることになります

ちなみに最後のほうでは、トミーとキャシーは

マダム・クロードとエミリ先生を訪ねます

かすかな希望が持てる噂の真偽を確認しにきます

それがはかない望みであったことを知り

そしてすべての真実を知ります

そのあとトミーはかなり取り乱します

しかし4回目の提供に向け心を整えたりする

この矛盾がまたこの原作の特徴です

キャシーはトミーの願いで彼の看護人からはずれて

淡々とした別れを迎えます

最後は、まもなく看護人を終えて「提供者」となるキャシーが

ノーフォークの大地でトミーの幻影を思い描きます

なぜかここが美しい描写です

しかしあまり深入りせずに車に戻り去ってで終わります

何か不思議な終わり方ですが

この本こそ本当にレビューと言うか

ネタバレを書くのが難しい本はないかな

と思える内容です

原作が日本的だから、ドラマわたしを離さないで

のほうが映画より味が出るかもと思います

追記

解りにくいと思うので簡潔に書きます

この原作は18歳になるととにかく

外の世界に出ます

そして、恋もすれば、色んな世界を見ます

そして、キャシーは介護人ですね

そして、本当はキャシーが好きなトミーは

ルースと付き合ってしまうのです

それは、大前提に恋人同士になると

いわゆる臓器提供が猶予になるんです

そしてキャシーからトミーを奪った

ルーズはキャシーにそのことを詫びながら

亡くなります

そして、美術に優れたもので恋人同士であれば

ということでトミーとキャシーは恋人となり

マダムのところに行きますが

この恋人同士であれば臓器提供が猶予される

という噂そのものがデマなのです

絶望の淵にトミーはキャシーに見送られながら

最後の臓器提供をして亡くなります

なぜマダムがそして学校が美術に力を

入れていたのかというとマダムは

このキャシーらにも生きる権利はあるということを

美術を通じて世の人に示したかったのですね

あの美術偏重主義はそういうことなのです

マダムの優しさでもあったのです

そして美術に優れたキャシーなんかは

臓器の提供が猶予される介護人という

立場になります

しかし臓器提供からは逃げられません

最後にはキャシーにも臓器提供の依頼が来て・・

となっています

保科恭子(綾瀬はるか)と酒井美和(水川あさみ)の確執の理由

保科恭子(綾瀬はるか)と酒井美和(水川あさみ)

は仲が悪いと言うか保科恭子(綾瀬はるか)

が私からすべてを奪った女

と表現してますね

これは、原作を遡ることになります

幼少期に友彦(幼少期:中川翼)と

恭子(幼少期:鈴木梨央)はちょっとした

恋人関係になります

しかし、この友彦(幼少期:中川翼)

を美和(幼少期:瑞城さくら)は奪ってしまうのです

それだけなら良くある恋の話ですが

問題はこの子たちが18歳になって、卒業する

する時に事件が起きます

詳しくは下記リンクでも書いています

18歳になったこの子らには自由が

与えられます

それこそ男女の関係になることも

多いのです

なぜか必要以上に男女の関係になるのです

それはなぜかというと猶予といって

恋人を作れば臓器移植の時期を猶予してもられる

からです

18歳の土井友彦(三浦春馬さん)

と酒井美和(水川あさみ)は恋人関係に

ありますがこの猶予は結果的に噂話に

なのです

そして介護人とよばれるものになり

その才能を認められれば、臓器移植の

猶予が与えれます

これは、臓器提供をしている人間の

ケアですね

残念なことに原作では土井友彦(三浦春馬さん)

も酒井美和(水川あさみ)も亡くなります

酒井美和(水川あさみ)は最後に

土井友彦(三浦春馬さん)を取ってしまった

ことを謝罪して亡くなります

そして土井友彦(三浦春馬さん)と

保科恭子(綾瀬はるか)は恋人ということで

マダムに猶予を申し出るのですが

そんな話はでたらめだったのです

そして土井友彦(三浦春馬さん)は

保科恭子(綾瀬はるか)に見守られながら

最後の時を迎えます

土井友彦(三浦春馬さん)と保科恭子(綾瀬はるか)

が恋人でいられたのはほんのわずかの期間です

つまり酒井美和(水川あさみ)と付き合って

いなければ、もっと一緒にいられたのに・・

そういうことです

アンハッピーな終わり方になるかは

原作の通りドラマが進むかどうかにも

よりますが保科恭子(綾瀬はるか)

と酒井美和(水川あさみ)の確執は

そういうところから始まっているのです

このドラマわたしを離さないで

はかなりショッキングな内容ですよね

子役がかわいいので余計にそう感じます

こんな話がリアルに起きないこと願ってます

介護人、猶予とは

それで土井友彦(三浦春馬さん)や

酒井美和(水川あさみ)は、臓器の提供

を受けているのに保科恭子(綾瀬はるか)

だけは臓器提供がない

そんな感じさえ受けますよね

このわたしを離さないでには原作が

あります

そして映画化もされています

そこでマダムの目的は解ります

少し先のネタバレになってしまうので

ご注意ください

この陽光学苑は美術偏重主義です

龍子(伊藤歩)先生はそんなことを

否定していますよね

視聴者的にもそれは、おかしいだろ!

と思わず突っ込みたくなります

しかし、これには、かなり先の話に

なると思うのですがマダムの目的が

あります

[ad#ad-2]

この学園は18歳になると卒業して

自由を与えられます

そして、この保科恭子(綾瀬はるか)

がなぜ酒井美和(水川あさみ)を

恨んでいるのかは、この記事のタイトルに

ある介護人と猶予があります

介護人とは臓器提供を受ける人のケアする

係りですね

臓器提供で弱ってきた人をサポートするのです

これが今の保科恭子(綾瀬はるか)ですね

でもいずれにしても将来は、臓器提供を

するということに変わりありません

18歳になって卒業するとコテージと呼ばれる

ところで生徒は暮すのですがかなり自由が

与えられます

そして、恋もします

生徒の間には、恋人が出来た者同士は

臓器の提供を猶予されるそんな噂が

あり、恋も盛んになります

18歳のころになるとそのような

心が無く、土井友彦(三浦春馬さん)

と保科恭子(綾瀬はるか)は恋に落ちます

しかし、この土井友彦(三浦春馬さん)

を奪った男がいるのです

それが酒井美和(水川あさみ)です

しかし、これは上手く行きません

もう余命わずかになった酒井美和(水川あさみ)

はそのことを保科恭子(綾瀬はるか)

に謝罪します

そして最後の臓器提供を受けて、亡くなります

その後、土井友彦(三浦春馬さん)と

酒井美和(水川あさみ)は、この猶予

をもらうためマダムのところを訪ねます

そして、土井友彦(三浦春馬さん)は

子供のころ、全然絵がないため

必死に書いてマダムのところに

いきます

それで絵を見せますがこの猶予は

あくまで噂話であって、そんな事実は

なかったのです

 

なぜクローン人間が

これは、このドラマわたしを離さないですが

18歳にもなるとなぜ自分が生まれてきたのか

解ってきます

世の中が癌などの病気が蔓延するからです

誰だって臓器移植をして助かるのなら

助かりたいですね

これが人間の恐ろしいところです

臓器は親族間だと成功する確率が

高いですよね

事故死などで臓器提供を待っていては

とてもじゃないけど助かる確率が

減ります

それで人間はなにを考えるか・・

自分の子供から臓器をもらうわけには

いきません

そして、作ってしまうのです

自分のクローンを・・・

お金がある人は、自分のクローンを

作っていざってときに備えるのです

だから、この学園出身者は

18歳になって街に出ると自分と

そっくりな人間に出会うわけです

そして、このドラマわたしを離さないで

は結局土井友彦(三浦春馬さん)も

最後の臓器提供をして亡くなります

そしてその後の保科恭子(綾瀬はるか)

に臓器提供の依頼が来て土井友彦(三浦春馬さん)

を想いながら保科恭子(綾瀬はるか)が

草原に立つシーンで終わるのです

マダムの目的

そうするとこのことをしきっている

マダムは悪い人間でしょうか

ここは、個人的な感想に別れることは

多いのですが、このマダムは基本的に

この世間の流れの自分のクローンを

作って臓器提供するということは

反対なのです

しかし、世論と言うかそういうものに

負けてしまうのです

嫌な役目を引き受けたマダムが目的としたことが

クローン人間だって、人間だ!!

ということを世の中に知らせるために

美術に力を入れるわけです

ドラマわたしを離さないででもマダムが

絵を買いに来ていましたよね

あれは、外の世界つまりクローン人間など

作る人間に美術を通じてこの子たちだって

人間なのよ!

ということを伝えたかったのです

つまりこの学園の美術偏重主義は

子供を守るためのものだったのです

マダムの目的はこういうことなのです

[ad#ad-3]

続いてドラマわたしを離さないでのキャスト第1話〜最終回、ネタバレです

お手数ですが左下2ページボタンを押しください<m(__)m>