Pocket

重版出来の第2話のネタバレと感想!(視聴後)再放送は

 

 

どうも

 

さっと申します

ご訪問いただきありがとうございます

 

今日は、

 

「重版出来の第2話のネタバレと感想! 

ということで記事をお伝えします

 

00000989001

 

キャストなどの情報は、下記リンクにあります

(緑文字をクリックすると記事に飛びます)

重版出来キャストなどの情報等

 

まずは、基本情報です(^_^)

ドラマ重版出来 放送日は?

このドラマ重版出来ですが、TBS系列で

毎週火曜日の10時枠です

 

3 重版出来 2話 あらすじ、ネタバレ

 

2話 あらすじ

 

これまでの人生をそつなくこなしてきた

営業部の小泉純(坂口健太郎)ですが

希望していない部署に配属されてから、

やる気がありません

そんな小泉純(坂口健太郎)3年間も異動願いを

出し続けています

 

そんあ、ある日、新刊の部数決定会議(別名・部決会議)

の根回しのため、小泉純(坂口健太郎)は

資料をバイブスの編集長・和田靖樹(松重豊)

に渡しに来ます

 

その資料の数字を見て、激怒する

和田靖樹(松重豊)の前にしっかり

と話をすることすら出来なかったのです

 

さらに営業部部長の岡(生瀬勝久)からは

「まともに根回しも出来ないのか」と指摘され、

さらにやる気を失ってしまう小泉純(坂口健太郎)です

 

部数を増やしたい編集部と部数を抑えたい営業部との戦です

 

そして、いよいよ部決会議が始まります

 

さっそく編集長の和田靖樹(松重豊)

と勝負服で挑む副編集長の五百旗頭(オダギリジョー)は、

新人の初単行本の発行部数に異議を唱えています

 

しかし、岡からの厳しい一言に何も言えなくなってしまいます

 

一方、和田靖樹(松重豊)の命令で

勉強のため営業部に出張してきた

黒沢心(黒木華)は小泉純(坂口健太郎)に付いて

学ぶことになります

 

仕事への熱意が正反対の二人ですが

「たんぽぽ鉄道」という漫画を売るため、膨大な数の書店を巡ります

 

2話あらすじはこのような感じです

[ad#ad-2]

2話 ネタバレ

 

三蔵山龍(小日向文世)の作品が重版出来になって

喜ぶ編集部です

 

そのころ、営業の小泉純(坂口健太郎)は

壁にぶち当たっています

 

今は、出版業界は低迷期です

 

そして、小泉純(坂口健太郎)は

移動願いを出し続けています

 

そして、一方の黒沢心(黒木華)ですが

やっと担当になります

 

そして、小泉純(坂口健太郎)ですが

安井昇(安田顕)にサイン会の願いをしに

きますが、サイン会なんて金にならにないと

断られます

 

そんな小泉純(坂口健太郎)に黒沢心(黒木華)

は応援します

 

そして、小泉純(坂口健太郎)は、和田靖樹(松重豊)に

新刊の発行部数の資料を持て来ます

 

和田靖樹(松重豊)は数字を見て激怒します

 

そして、営業の責任者の岡と喧嘩になります

 

そういうことで部数決定会議です

 

営業部VS編集部です

 

この会議で小泉純(坂口健太郎)は部数の発表をします

 

新人の部数が5000部ということで

和田靖樹(松重豊)は喰ってかかります

 

五百旗頭 敬(オダギリジョー)も後押しします

 

しかし、営業部の岡が反対して5000部になります

 

さらに、これを受けて編集部は、自分で歩いて

売ることを決意して、黒沢心(黒木華)も

張り切ります

 

そんななか、たんぽぽ鉄道の売れ行きが

上がってきます

 

営業部もこのたんぽぽ鉄道に注目します

 

このたんぽぽ鉄道を売ることで営業部も

編集部も一致団結します

 

黒沢心(黒木華)は営業部に回されて

小泉純(坂口健太郎)の下に

つくことになります

 

そして、たんぽぽ鉄道ですが1話づつばらして

売ることになります

 

つまり宣伝費は、かけられないけど

1話さえ見てもらえれば売れる

そういうことです

 

そして、小泉純(坂口健太郎)と

黒沢心(黒木華)は書店を回ります

 

たんぽぽ鉄道ですが、黒沢心(黒木華)は

鉄道コーナーに置いてもらえるように

頼みに行きます

 

黒沢心(黒木華)は、なんとOKを

もらいます

 

小泉純(坂口健太郎)は後ろ向きですが

黒沢心(黒木華)は前向きです

 

そんな小泉純(坂口健太郎)ですが

存在感がないことから書店から

 

「幽霊」

 

と呼ばれています

 

そんな小泉純(坂口健太郎)ですが

 

頑張れという言葉が嫌いなのですが

頑張ることを小泉純(坂口健太郎)

は、黒沢心(黒木華)から学びます

 

そして、小泉純(坂口健太郎)と

黒沢心(黒木華)は一生懸命

書店周りをします

 

そして、小泉純(坂口健太郎)は

イキイキしてきます

 

そして、書店もこのたんぽぽ鉄道に注目します

 

これを知った作者は感激します

 

それを見ていた小泉純(坂口健太郎)

は不思議そうにこの黒沢心(黒木華)

という女性を見ています

 

そして、たんぽぽ鉄道は売れてきます

 

そして、重版出来まであと一押しです

 

営業は、会議をかけます

 

そこで小泉純(坂口健太郎)は

黒沢心(黒木華)が鉄道コーナーに

たんぽぽ鉄道を置いていた話をして

実施することになります

 

ここに来てやっと小泉純(坂口健太郎)

も営業として、やる気が出てきたようです

 

そして、小泉純(坂口健太郎)は黒沢心(黒木華)

に地方の書店にお願いするためにはどうすれば

いいか聞きます

 

黒沢心(黒木華)は味気ない便せんより

心のこもった便せんのほうがいい

 

そう言います

 

小泉純(坂口健太郎)は、もう幽霊なんて

呼ばせない

 

そう決意します

 

そして書店あてに、手書きで丁寧に手紙を

書きます

 

今日は、

 

「重版出来の第2話のネタバレと感想!

(視聴後)再放送はU-Nextで」

 

ということで記事をお伝えしました

 

最後までお読みいただきありがとうござました

[ad#ad-2]

 

重版出来ですが電子書籍なら1巻全部無料で読めます!

(緑文字、画像をクリックすると無料で読めます)

重版出来 1巻を全部無料で立ち読みしてみる

重版出来 1巻を全部無料で立ち読みしてみる