Pocket

警視庁捜査一課9係 11 6話ネタバレ!再放送、見逃し配信はU-NEXT

 

どうも

 

さっと申します

 

ご訪問いただきありがとうございます

 

今日は

 

「警視庁捜査一課9係 11 6話ネタバレ!

再放送、見逃し配信はU-NEXT

 

ということで記事をお伝えします

 

詳しいキャストは下記リンクにあります

(緑文字をクリックすると記事に飛びます)

 

警視庁捜査一課9係 11のキャストなど基本的情報は?

 

警視庁捜査一課9係 11 6話のネタバレや再放送

見逃し配信の前に

警視庁捜査一課9係 11 の基本情報です

 

 

1 警視庁捜査一課9係 11 放送日は?

2016年4月6日スタートです

毎週水曜日夜9時です

テレビ朝日系列です

 

2 再放送(無料見逃し配信)はU-NEXT

 

再放送、見逃し配信ですが、このドラマ

警視庁捜査一課9係 11はU-NEXT

でドラマ終了後再放送をしています

 

U-NEXTは、現在、1か月の無料お試し

キャンペーンを実施しています

この1カ月間でもし気に入らなけければ

辞めても無料です

 

U-NEXTは、各テレビ局の再放送

見逃し配信が見れますが

ドラマだけでなく、映画やバラエティ

雑誌などを視聴することができます

 

テレビは勿論、スマホやタブレット、パソコン

ゲーム機などで、視聴することが

できるので屋内、屋外を問わずに

視聴るこことができます

 

アカウント登録は、簡単なので

無料お試しキャンペーン楽しんで見てください

 

U-NEXT

(緑文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

 

31日間無料トライアル!
U-NEXT

 

 

U-Nextは、今季のドラマだと

 

重版出来

ゆとりですがなに

99.9刑事専門弁護士か

私結婚できないんじゃなくてしないんです

僕のヤバイ妻

ドクターカー

その「おこだわり」、私にもくれよ!!

ナイトヒーローNAOTO

毒島ゆり子のせきらら日記

グッドパートナー無敵の弁護士

警視庁捜査一課9係 11

お迎えデス。

などが放送されてます

 

追記情報 U-NEXTでNHKオンディマンド配信

 

(緑文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

それで、表示される画面で左上のU-NEXTって

文字押してもらうとスクロールしてもらえばNHKオンディマンドが

表示されるため作品確認してもらえればと思います<(_ _)>

31日間無料トライアル!
U-NEXT

とと姉ちゃん、真田丸、コントレール〜罪と恋〜、奇跡の人

鼠、江戸走る2その他ほとんどのNHK、NHKBS見れます

ちなみに同じようなサービスにHULUがあります

 

HULUも2週間の無料お試し期間があります

沢山のチャンネルが総合的に楽しめます

HULUもU-Nextも動画のみならずに

雑誌も楽しめます

 

hulu

(緑文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

HULU今なら2週間無料で楽しみ放題です

 

3 警視庁捜査一課9係 11 6話のあらすじ、ネタバレ

 

6話あらすじネタバレ

 

この警視庁捜査一課9係 11も

もう第6話まで来ましたね

 

これまでは、怪事件の数々を

加納倫太郎(渡瀬恒彦)独自の捜査の

焦点を合わせて調査してきました

 

加納倫太郎(渡瀬恒彦)とコンビを

組むのは浅輪直樹(井ノ原快彦)です

 

この浅輪直樹(井ノ原快彦)と一緒になっているのが

加納倫太郎(渡瀬恒彦)の娘です

 

石川倫子(中越典子)です

 

この石川倫子(中越典子)は刑事としては

加納倫太郎(渡瀬恒彦)を高く評価しています

 

しかし、父親としては失格だと思っています

 

仕事第一主義の加納倫太郎(渡瀬恒彦)

は、家庭を犠牲にしてきたからです

 

だから石川倫子(中越典子)は

今のパートーナー浅輪直樹(井ノ原快彦)

が父加納倫太郎(渡瀬恒彦)とコンビを

組んでいるため、悪影響を受けないか

いつも心配です

 

しかし、時として、この石川倫子(中越典子)

の女性目線が事件の突破口になります

 

そして、紅一点の小宮山志保(羽田美智子)

もいいですね

 

女性らしい着眼点を持っています

 

そんな警視庁捜査一課9係 は数々の難事件を

解決して、もう第6話になるわけです

 

警視庁捜査一課9係 11 6話ですが

 

今回のゲストからです

 

前衛芸術家・葛城沙耶(青山倫子)

 

美術評論家の重鎮・田沢君矢(不破万作)

 

ギャラリーオーナ兼マネージャー・香坂亮一(渡邉紘平)

 

フラワーアーティスト・城崎佳苗(奈良富士子)

 

第6話です

 

事件は起きます

 

今回の事件ですが

独特な雰囲気を持つオブジェに囲まれた

前衛芸術家・葛城沙耶(青山倫子)が

遺体で発見される

 

そんな事件です

 

そして、この前衛芸術家・葛城沙耶(青山倫子)

は、手首には切創があります

 

そして、前衛芸術家・葛城沙耶(青山倫子)

の傍らには作業用のカッターが落ちている

そんな状況なのです

 

前衛芸術家・葛城沙耶(青山倫子)は自らの

作品の中で自殺したのか

 

そういう見解が強まります

 

ちなみに前衛芸術家・葛城沙耶(青山倫子)の遺体の

第一発見者は、ギャラリーオーナ兼マネージャー・

香坂亮一(渡邉紘平)です

 

ギャラリーオーナ兼マネージャー・香坂亮一(渡邉紘平)

に事情を聞くと、この前衛芸術家・葛城沙耶(青山倫子)

の作品は独特で人工保存花を使用した作品だと

いうことです

 

しかし、この前衛芸術家・葛城沙耶(青山倫子)が

自殺だと言うことに懐疑的な加納倫太郎(渡瀬恒彦)

はあることに気が付きます

 

加納倫太郎(渡瀬恒彦)は前衛芸術家・葛城沙耶(青山倫子)

の作品の花のオブジェの中で唯一シロツメクサだけ

生花だということに気が付きます

 

そのことが加納倫太郎(渡瀬恒彦)は、どうも

ひっかかるのです

 

そして、加納倫太郎(渡瀬恒彦)と浅輪直樹(井ノ原快彦)

のコンビは、前衛芸術家・葛城沙耶(青山倫子)の部屋で

前衛芸術家・葛城沙耶(青山倫子)と義姉・静香(野際陽子)

が写る写真を発見します

 

さっそく、加納倫太郎(渡瀬恒彦)と浅輪直樹(井ノ原快彦)

は静香(野際陽子)のもとを訪ねて、前衛芸術家・葛城沙耶(青山倫子)

について聞きます

 

静香(野際陽子)は、前衛芸術家・葛城沙耶(青山倫子)

のことについて話します

 

前衛芸術家・葛城沙耶(青山倫子)は生前、無名時代

だったころは、生き急いでいるような危険な感情を

持っていて、そのころは、人工ではなく

自然の花だけで作品を作っていたようです

 

そんななか、小宮山志保(羽田美智子)

と村瀬健吾(津田寛治)のコンビは、

人気が落ち目のフラワーアーティスト・城崎佳苗(奈良富士子)

が前衛芸術家・葛城沙耶(青山倫子)とトラブルを

起こしていたことを聞きつけます

 

ちなみにフラワーアーティスト・城崎佳苗(奈良富士子)

が言うには、美術評論家の重鎮・田沢君矢(不破万作)

を奪われたため、前衛芸術家・葛城沙耶(青山倫子)

とトラブルになっていたようです

 

そんななか、青柳 靖(吹越満)と矢沢英明(田口浩正)

のコンビは、前衛芸術家・葛城沙耶(青山倫子)の

魂と更新していると言い張るファン・千秋を

連れてきます

 

この千秋が言うのは、前衛芸術家・葛城沙耶(青山倫子)

の代わりに本当の作品を作っていると言う

胡散臭いことを言い張っています

 

そして、加納倫太郎(渡瀬恒彦)は、いつもの

独特の勘でその作品が人工保存花でなくいことに

気が付きます

 

そんなことで、浅輪直樹(井ノ原快彦)と

加納倫太郎(渡瀬恒彦)は、改めて

前衛芸術家・葛城沙耶(青山倫子)の

自宅マンションを訪ねます

そして、加納倫太郎(渡瀬恒彦)、浅輪直樹(井ノ原快彦)

はこの前衛芸術家・葛城沙耶(青山倫子)の

マンションである書置きを見つけます

 

この前衛芸術家・葛城沙耶(青山倫子)は

他殺か自殺が問題になります

 

加納倫太郎(渡瀬恒彦)は、この

前衛芸術家・葛城沙耶(青山倫子)

のマンションにあった花に込められた

メッセージを読み解きます

 

第6話はこのような感じです

 

警視庁捜査一課9係 11 6話詳しい ネタバレ

 

今回の事件ですが前衛芸術家・葛城沙耶(青山倫子)

が自殺している

 

そんな事件です

 

発見者は、ギャラリーオーナ兼マネージャー・香坂亮一(渡邉紘平)

とフラワです

 

この前衛芸術家・葛城沙耶(青山倫子)

は自分生花に囲まれて亡くなっています

 

検視の結果、作業用カッターで手首を切り

睡眠薬を飲んでいて亡くなったようです

 

この前衛芸術家・葛城沙耶(青山倫子)

ですが、造花が専門です

 

ちなみに人付き合いが下手です

 

そしてギャラリーオーナ兼マネージャー・香坂亮一(渡邉紘平)

にはアリバイがない

 

そういう状況です

 

他殺の可能性も視野に入れて捜査は始まります

 

加納倫太郎(渡瀬恒彦)と浅輪直樹(井ノ原快彦)

はこの前衛芸術家・葛城沙耶(青山倫子)

の自宅を捜索します

 

そして、静香(野際陽子)この前衛芸術家・葛城沙耶(青山倫子)

と知り合いのようです

 

前衛芸術家・葛城沙耶(青山倫子)が無名の

頃と知り合いだったようです

 

場所はニューヨークですね

 

静香(野際陽子)と前衛芸術家・葛城沙耶(青山倫子)

はニューヨークで芸術論をかわしたようで

 

前衛芸術家・葛城沙耶(青山倫子)は作品が

作れなくなったらもう生きている価値がない

 

そう言ったようで

 

生き急いでいる感じだそうです

 

静香(野際陽子)が言うにはその頃から

才能の片りんを見せていたようです

 

加納倫太郎(渡瀬恒彦)は静香(野際陽子)

が苦手でしどろもどろです

 

そんななか、フラワーアーティスト・城崎佳苗(奈良富士子)

に事情を聞きます

 

そしてこのフラワーアーティスト・城崎佳苗(奈良富士子)

が美術評論家の重鎮・田沢君矢(不破万作)

を巡ってもめていたこが解り、あう

 

そして、ギャラリーオーナ兼マネージャー・香坂亮一(渡邉紘平)

も事情を聞きます

 

ギャラリーオーナ兼マネージャー・香坂亮一(渡邉紘平)

が言うには、前衛芸術家・葛城沙耶(青山倫子)

の作品は価値が高いようです

 

そして、この前衛芸術家・葛城沙耶(青山倫子)

には、千秋と言うファンがストーカーのように

付きまとっていたようです

 

そういうことで第一容疑者に

フラワーアーティスト・城崎佳苗(奈良富士子)

が浮上します

 

そして、前衛芸術家・葛城沙耶(青山倫子)

が死んでいた傍らには前衛芸術家・葛城沙耶(青山倫子)

が作っていない作品があります

 

その作品は生花なのですが、これが事件の

鍵になります

 

 

そして、捜査は美術評論家の重鎮・田沢君矢(不破万作)

を訪ねます

 

ちなみに前衛芸術家・葛城沙耶(青山倫子)

はこの美術評論家の重鎮・田沢君矢(不破万作)

に認められて評価が高くなったようです

 

しかし、この美術評論家の重鎮・田沢君矢(不破万作)

はフラワーアーティスト・城崎佳苗(奈良富士子)

ではなく前衛芸術家・葛城沙耶(青山倫子)

の才能を買って、付き合いを乗り換えたのです

 

そして、青柳 靖(吹越満)は

例のストーカーファン千秋に事情を聞きます

 

この千秋は前衛芸術家・葛城沙耶(青山倫子)の魂と

交信できる

 

そう言います

 

気味が悪いのですが、前衛芸術家・葛城沙耶(青山倫子)

の死亡時刻を知っているのです

 

これは、発表されていないことです

 

この千秋は、取り調べでも

前衛芸術家・葛城沙耶(青山倫子)は

作品を作っていない

 

自分が作っているなどと

言います

 

そして前衛芸術家・葛城沙耶(青山倫子)のかたわらに

あった作品はどうやらこの千秋が

作ったようです

 

そんななか、前衛芸術家・葛城沙耶(青山倫子)

の遺品整理が始まります

 

そこに加納倫太郎(渡瀬恒彦)

と浅輪直樹(井ノ原快彦)は、捜査に行きます

 

加納倫太郎(渡瀬恒彦)は前衛芸術家・葛城沙耶(青山倫子)

のデッサンを見ます

 

そこにはシロツメクサ囲まれた

彼女の自殺の姿があったのです

 

ちなみに青柳 靖(吹越満)

もこのデッサンを昨日見たときは

なかったようでだれかがデッサンに

加えたようです

 

そして新たな事実が出てきます

 

前衛芸術家・葛城沙耶(青山倫子)の遺言書が

あり、それによるとアシスタントの赤嶺に

全額相続されるようになっています

 

しかし、アシスタントの赤嶺は

前衛芸術家・葛城沙耶(青山倫子)から

厳しい仕打ちを受けていて

そんなことは信じられない

 

赤嶺はそう言います

 

そして、この遺言書が作成された

日のことを赤嶺は話します

 

この日、前衛芸術家・葛城沙耶(青山倫子)

は展示会にいって真っ青な顔で

戻ってきたようです

 

そして赤嶺に加納倫太郎(渡瀬恒彦)

は例のシロツメクサのデッサンを見せます

 

そんななか、美術評論家の重鎮・田沢君矢(不破万作)

のはからいでギャラリーオーナ兼マネージャー・香坂亮一(渡邉紘平)

は結婚する

 

そういう事実が出てきます

 

そして加納倫太郎(渡瀬恒彦)は

ギャラリーオーナ兼マネージャー・香坂亮一(渡邉紘平)に

シロツメクサのデッサンを見せます

 

さらにこのデッサンについて

静香(野際陽子)にも意見を聞きます

 

シロツメクサの花言葉は

 

 

「復讐」

 

 

だったのです

 

そして、前衛芸術家・葛城沙耶(青山倫子)

はギャラリーオーナ兼マネージャー・香坂亮一(渡邉紘平)

と出来ていたようです

 

つまり、ギャラリーオーナ兼マネージャー・香坂亮一(渡邉紘平)

に捨てたられたわけです

 

そして、ギャラリーオーナ兼マネージャー・香坂亮一(渡邉紘平)

は前衛芸術家・葛城沙耶(青山倫子)が邪魔になったのです

 

そして、ギャラリーオーナ兼マネージャー・香坂亮一(渡邉紘平)

は前衛芸術家・葛城沙耶(青山倫子)を自殺に見せかけるように

例のシロツメクサのデッサンを加えたのです

 

そして、決定的な証拠がでます

 

死亡推定時刻にあの千秋が

ギャラリーオーナ兼マネージャー・香坂亮一(渡邉紘平)

が前衛芸術家・葛城沙耶(青山倫子)に入っていく

ところを見たのです

 

ちなみに前衛芸術家・葛城沙耶(青山倫子)の遺書は

ギャラリーオーナ兼マネージャー・香坂亮一(渡邉紘平)

が違う女性と結婚することに気が付いたからです

 

そんなギャラリーオーナ兼マネージャー・香坂亮一(渡邉紘平)

を前衛芸術家・葛城沙耶(青山倫子)は絶対に許さない

 

そう言ったのです

 

そして、ギャラリーオーナ兼マネージャー・香坂亮一(渡邉紘平)

は睡眠薬を前衛芸術家・葛城沙耶(青山倫子)

に飲ませます

 

そして例のデッサンをギャラリーオーナ兼マネージャー・香坂亮一(渡邉紘平)

を見つけます

 

そしてギャラリーオーナ兼マネージャー・香坂亮一(渡邉紘平)

はデッサンのように前衛芸術家・葛城沙耶(青山倫子)

を殺害したのです

 

警視庁捜査一課9係 11 まとめ

 

この警視庁捜査一課9係 11ですが

それぞれのキャストの個性がいいですね

 

浅輪直樹(井ノ原快彦)や青柳 靖(吹越満)

そして、小宮山志保(羽田美智子)

と少し張り合いながらも加納倫太郎(渡瀬恒彦)

のもとで事件を解決していく

姿がいいですね

 

やはり、テレビ朝日の刑事ものは

面白いですね

 

視聴率もいいし、視聴者受けする内容で

面白いです

 

警視庁捜査一課9係 11は、再放送

見逃し配信はU-NEXTで見れます

 

今は再放送がすぐに見れるサービスが

充実していますね(^_^)

 

詳しいネタバレは、追記いたしますね

 

今日は

 

「警視庁捜査一課9係 11 6話ネタバレ!

再放送、見逃し配信はU-NEXT

 

ということで記事をお伝えしました

 

最後までお読みいただきありがとうござました